2016年11月10日

車を買い換える際ディーラーに下

「なぜ株は暴落しないのか???????」 より引用

今朝NYダウが急騰しました。 自分は前からダウは暴落すると信じているので意外なほどの強さに何が起きているのか不安になります。 自分の理論は明快でアメリカのITバブルはまだはじけき...…(続きを読む)

出典:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1743424.html


車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと古い車と新しい車の乗り換えはタイミングを計って行われます。
ただ、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は多少なりとも空白期間ができることもあります。
代替交通機関がないときは、業者に査定依頼する際に契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。
同じ業者でも店舗が違うと台数が限られていたり、もともと用意していないところもあるため念には念を入れて確認しましょう。
チャイルドシートを設置している車を査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。
中古車の見積りではそれらは無関係なのが普通だからです。
ただ、チャイルドシートと言うのはユーズド品でも人気のある商品なので、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそこそこ良い価格がつきます。
美品のブランド製品などは驚くほど高値で取引されていることもある位です。
消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連したいろんな相談電話がかかってきます。
特に中古車売却についての事案は増加中で、一向に減る気配が見られません。
相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録し立ところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。
泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、かならず誰かに話を聞いてもらうようにしましょう。
中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、中古車の見積もりにかかる時間は単純に待っているだけの時間を除外するとおおよそ15分弱でしょうか。
さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階でのオークション等の平均額を元にして基礎になる査定額が事前に決定されていて、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、最終的な価格を決定することが可能だからです。


posted by 車楽 at 19:45| 日記